美肌 コラーゲン

リペアジェルトライアルのトップページ >  加齢とコラーゲン

コラーゲンって何?

私たちの体を構成しているたんぱく質。そのたんぱく質の3分の1をコラーゲンが占めています。
コラーゲンは私たちの体にはなくてはならないものであり、お肌にも影響を及ぼしています。

20歳を境目に減るコラーゲン

肌は表面の表皮、そしてその下に真皮の2層からなっています。
そして、私たちが良く口にするコラーゲンは70%以上、真皮を占めている大切な成分です。

肌の内側で美しさを保つ土台となっていて、成長とともに増え続けています。

ところが、このコラーゲンは20歳を過ぎたころから少しずつ衰えていき、その結果、肌のハリ、ツヤが無くなってきます。

20歳になるとお化粧を始める人が増えるのも理にかなっているわけです。
この様にスキンケアが必要となるのが、この20歳という年齢が境目になるわけです。

コラーゲンは食べても、お肌に塗っても効果なし

コラーゲンが入っている食べ物というとお肌に良いようなイメージを持つ人が多いと思いますが、実際、お肌まで到達することはありません。
食べた時点で、胃や腸で分解され、コラーゲンではなくなってしまうからです。

また、お肌に塗ろうとしても、分子が大きいため、お肌に浸透することはありません。
万が一、浸透する様なお肌であったとすると、外部からの異物や細菌が簡単に侵入してくることにもなります。

お肌のコラーゲンを元気にしたいのなら

コラーゲンはアミノ酸を主成分として、ビタミンCのサポートを受けているものであることに注目して下さい。

ただし、お肌のコラーゲンを意識するなら、化粧品を使うことが一番、良いとされています。

その際には、ビタミンCを誘導体の状態でなく、天然由来のピュアなものを選んで下さい。

化粧品に石油由来の成分が配合されていると、肌細胞を死滅させるので、注意が必要です。

リペアジェルのトライアルはこちらから
リペアジェル

↑ PAGE TOP